Basho について

データの氾濫に禅の心で対応

Basho は、可用性と拡張性に優れ、エンタープライズ規模でも容易に運用できる分散システムを提供しています。当社の製品により、非構造化データの保存および取得がしやすくなり、アクティブなワークロードを簡単に管理できるようになります。

ビッグデータと一体化

Basho Data Platform は、現時点で最も柔軟かつ利用可能性が高い NoSQL データベースである Riak KVと、ラージオブジェクトストレージソフトウェアの RiakS2、そして Basho の時系列データに最適化されたデータベースRiak TSおよびApache SparkRedisApache Solr向けの各アドオンにより、ビッグデータ、IoT、 ハイブリッドクラウドアプリケーションの統合および構築の複雑性を緩和するための基盤です。


シンプルなデータを追求

セッション、ユーザー、デバイスデータの保存をはじめとする多様な用途に必要な、高可用性、耐障害性、拡張性、シンプルな運用性を備えたソリューションである Riak KV、Riak S2、Riak TS を利用すれば、構造化されていないビッグデータの氾濫にも整然と対処できます。


認識を高め、変化を歓迎

Riak の導入企業は多業種にわたり、Fortune 50 企業の 1/3 以上がビッグデータアプリケーションの強化のために使用しています。また、収益を生み出すミッションクリティカルなアプリケーションを意図したとおり確実に拡張する必要が生じたときに、 Bashoが求められています。


比類のない取り組み

2008 年に創立された Basho は、企業にとって極めて重要なデータ管理の課題を単純化する破壊的技術の開発に取り組む、分散システムの先駆的企業です。

Basho には現在、エンジニアや技術分野の優秀な人材が集まり、分散システムの大規模化によって生じる極めて複雑な問題の解決に集中的に取り組んでいます。

また、Basho は多くの有力なプログラマ、アーキテクト、研究者に恵まれており、分散システムカンファレンス RICONを主催しています。RICONには、進化する分散データベース管理における先進的なリーダーが集い、この分野の多様なテーマについて話し合います。


Basho Japan について

東京都新宿区四谷二丁目9番地NK第7ビル3階

Bashoジャパン株式会社

資本金: 1億5700万円(2013年3月15日現在)

会社法人等番号: 0111-01-064460

設立日: 平成24年9月12日

登記代理人: LATHAM & WATKINS 外国法共同事業法律事務所

監査法人: ERNST & YOUNG

株主: Basho Technologies, Inc. 10900 NE 8th Street Suite 1580, Bellevue WA 98004 USA

株式比率: Basho Technologies, Inc. 100%

代表取締役: 高木修

取締役: アダム・レイ

取締役: ロブ・レイズリー

監査役: ジェラルド・ラングレ

BASHO リソース

BASHO 掲載記事

BASHO 採用情報

BASHO ブログ

詳しい説明や Tech Talk の開催をご希望の方は、Bashoジャパンへお問い合わせください。