データをいつでも利用可能に。

Riak KV にはマスターレス、マルチノード構造があり、ネットワークやハードウェア障害が発生しても高速な読み取り/書き込みができます。データの可用性と分断耐性を確保するため、Riak KV はデフォルトでクラスタ内の 3 つのノードにデータを複製します。単一マスターも単一障害点もなく、すべてのノードが受信した要求に対応できます。

マスターレス構造により、Riak KV は簡単に設定と運用ができます。クラスタへのノードの追加、クラスタからの削除が簡単です。

Riak は、可用性を重視しているため、ダウンタイムが許されない環境に適しています。

Riak KV のマスターレス アーキテクチャ


分散システムの適正な運用は難しい課題

分散データベースは複雑で、大規模に高い可用性を持たせるという重要な要件を満たす必要がありますRiak KV は、高い障害回復力を持つように設計された、高度に最適化された分散システムです。

Riak KV はマスターレス構造のキー/値 NoSQL データベースで、クラスタに均等にデータを分散します。複数のノードが単一のクラスタを形成して動作し、クラスタ内のすべてのノードは読み取り/書き込み要求に対応できます。データはノード間に均等に分散され、新しいノードを最低限のデータ再分散を行って、ダウンタイムなしで追加できます。デフォルトでは、データのコピーを 3 つ作成します。ネットワーク分断やサーバー障害で 1 つのノードが利用できなくなっても、データはアプリケーションに高速に提供されるので、データの可用性は維持されます。

RIAK KV の障害回復力の利点

アプリケーションが、読み書きの要求に応答できなければ、収入に悪影響を及ぼしたり、ユーザーからの信用に傷がついたり、ユーザー体験の質の低下につながったり、重要なデータの喪失の原因になったりしかねません。Riak TS KV は、特に高い障害回復力を持つように設計されています。

ダウンタイムの短縮
優れた耐障害性があるアプリケーションはダウンタイムを削減します。3 つのデータコピーを作成する Riak KV はネットワーク分断やハードウェア障害が発生してもデータ可用性を確保します。

コストの削減
ノードの喪失は高くつく可能性があります。Riak KV のクラスタは、ノードに障害が発生しても継続して運用可能なので、通常の営業時間中に失われたノードを置換することで運用コストを削減できます。

規模の変更が容易
Riak KV はマスターレス構造なので、簡単にクラスタをスケールアウトできます。事業ニーズに応じてシームレスにノードの追加や削除ができます。

ibm-weather-company「当社が世界各地の衛星、レーダー、予測モデル、利用者、気象観測所から収集するデータ量は、毎日 20 TBを超え、さらに急速に増加しています。このデータは、世界一正確な天気予報と、どこよりも厳密な気象警報をお届けするのに使用されているため、非常にミッションクリティカルで、常に利用可能である必要があります。Riak KV Enterprise ソフトウェアは、世界的に 20 ミリ秒以下のレイテンシで 1 秒あたり 100,000 件のトランザクションを実現可能な柔軟性と信頼性を備えています」

- Bryson Koehler 氏、The Weather Company Executive Vice President / CIO

  1.  障害回復力
  2. MASSIVESCALABILITY
  3. OPERATIONALSIMPLICITY
  4. INTELLIGENTREPLICATION
  5. COMPLEXQUERY SUPPORT
  6. DOTTED VERSIONVECTORS (DVVs)
  7. RIAK DATATYPES (CRTDs)
  8. ROBUST APIs &CLIENT LIBRARIES
  9. MULTI-CLUSTERREPLICATION
  10. APACHE SPARKCONNECTOR
  11. REDIS CACHEINTEGRATION
  12. APACHE MESOSFRAMEWORK