常に信頼のおけるデータ。

企業はデータを利用して日々の業務を推進しています。このデータは常に使用可能でなければなりません。たとえ数分でもアプリケーションが停止すると、売上が失われ、ユーザーエクスペリエンスが低下し、ブランドに傷が付くおそれがあります。これが積み重なれば、百万ドル単位で利益が失われかねません。

ほぼすべてのデータベースは小規模環境にて良く機能するように設計されています。しかし、データの増大に伴って、意図したとおり、直線的にスケールアウト、スケールアップ、スケールダウンさせることができるでしょうか?マルチクラスタレプリケーションのごく一般的なアーキテクチャの 1 つが、プライマリクラスタでトラフィックを処理し、バックアップクラスタはフェールオーバーに備えるというものです。バックアップクラスタを用意しておくことが、法規制順守の点でもイベントが発生した際の事業継続性の点でも重要です。


RIAK KV での事業継続性

マルチクラスタレプリケーション機能を備えた Riak KV Enterprise は、システム障害時にも事業継続性を維持します。Riak KV のイノベーティブなデータベースアーキテクチャには、グローバルに分散したデータを高速に読み書きする機能が搭載されています。Riak KV は、マスターレス構成で設計されています。つまり、管理者は複数の Riak KV クラスタを構築した後、それらをすべてのクラスタ間で同期を取るためにレプリケーションを使用しることができます。たとえば、書き込みを受信したクラスタ A は、その書き込みをクラスタ B ~ Z へと複製します。しかもそれを非常に高速で行います。


RIAK のユーザー企業

マルチクラスタレプリケーションは、昨今のインフラの大切な要素で、企業のビジネスアプリケーションやプラットフォーム、サービスに極めて重要なメリットをもたらします。

  • ゲーム & ブックメーカー: bet365、Riot Games、Rovio の各企業は、Riak KV Enterprise のマルチクラスタレプリケーションを使用して、停電時の事業継続性を確保しています。
  • リテール & eコマース: Best Buy、Dubizzle、GT Nexus の各企業は、Riak KV Enterprise のマルチクラスタレプリケーションを活用して、災害時の高可用性を保証するだけでなく、「クラウドバースティング」を実行して季節的なワークロードの急増に対応しています。
  • 情報通信 & サービスプロバイダ: Comcast はマルチクラスタレプリケーションを利用して、外部イベントかどうかに関係なく、一貫した顧客エクスペリエンスを維持しています。